ユーザー設定

Tanner
Tanner
  • 更新

この記事では、Gather を使いこなす上で役立つさまざまな設定をご紹介します。 まず「髪型チェック」画面で、音声とビデオを設定します。 スペースに入ると、設定 (Ctrl/⌘+P) を開いて、Gather の環境を微調整できます。 以下のリンクから、目的のセクションに進んでください。

髪型チェック

Gather スペースに入るたびに、髪型チェック画面が表示されます。これは、ビデオのプレビューを見て髪型をチェックできるので、そう呼ばれています。 このモーダルには、Gather キャラクターのプレビュー、ビデオ画面のプレビュー、カメラ、マイク、スピーカーの音声 / ビデオ設定が表示されます。

髪型チェック画面のスクリーンショット。 キャラクタープレビューの上に「ようこそ、ライリー!」と表示されています。 青い帽子と青い T シャツを着たキャラクターが表示されています。 ビデオプレビューには「ミュートになっています」「カメラがオフになっています」と表示されており、斜め線の入ったマイクとカメラの 2 つの赤いアイコンが表示されています。 ドロップダウンリストから、カメラ、マイク、スピーカーの入力を設定できます。 モーダルの下部に「ギャザリングに参加する」ボタンが表示されています。 ボタンの下には「このスペースに参加することで、サービス利用規約およびプライバシーポリシーに同意し、13 歳以上であることを確認したものとします」という文章が表示されています。"Gather スペースに入るたびに、「髪型チェック」画面が表示され、Gather キャラクターのプレビュー、ビデオ画面、音声 / ビデオの設定が表示されます。

髪型チェック」画面で「編集」を選択すると、キャラクターピッカーが表示され、名前とキャラクターを編集できます。 ビデオプレビューのマイクとカメラのアイコンをクリックし、スペースに入る前に音声とビデオをオンまたはオフに設定できます。 また、ドロップダウンリストからカメラとマイクの入力とスピーカーの出力を変更することもできます。 準備ができたら、ギャザリングに参加するをクリックします。

注意: スペースに入ると、ツールバーの左側にビデオのプレビューが表示されます。 ツールバーにあるマイクやカメラのアイコンをクリックすると、マイクやカメラのオン / オフを切り替えられます。 ツールバーでビデオを選択すると、ビデオ画面を拡大または固定できます。

音声 / ビデオ設定

スペース内で音声とビデオの設定を管理するには、「設定」を開きます。 「ユーザー」タブを選択し、「音声 / ビデオ」を選択します。

ご利用のデバイスやその他の音声 / ビデオ設定を管理するには、「設定」の「ユーザー」タブをクリックし、「音声 / ビデオ」を選択します。

デバイス

ドロップダウンフィールドを開き、カメラ、マイク、スピーカーの設定を変更できます。

注意: デバイスのドロップダウンフィールドにオプションが表示されない場合は、ブラウザーの設定を確認してください。 Mac をお使いの場合は、システム設定もご確認ください。

警告: Firefox ではスピーカー出力を選択できません。

音声レベル

プレイバックを開始するを選択し、マイクのテストを行います。 テストが終了したら、プレイバックを停止するを選択します。

「設定」モーダルが開いた状態の、おしゃれなオフィスのテンプレートのスクリーンショット。 「ユーザータブ」が選択されていて、「音声とビデオ」のカテゴリーが表示されています。 「音声レベル」設定の周りが赤い線で囲まれています。 ノイズインジケータが点灯し、緑色のバーが半分ほどの位置に表示されています。 「プレイバックを停止する」ボタンが表示されています。 ユーザー設定」から「プレイバックを開始する」を選択し、音声をテストします。 終わったら「プレイバックを停止する」を選択します。

大きなグリッド

デフォルトでは、大きなグリッドがオンになっており、一度に最大 16 個のビデオを表示できます。 これをオフに切り替えると、一度に表示できる動画が 9 個になり、パフォーマンスが向上する場合があります。

注意: さまざまなビデオの表示方法については、ビデオのカルーセルビューに関する記事をご覧ください。

自動アイドルミュート

デフォルトで動アイドルミュートはオンに設定されています。そのため、Gather ウィンドウから他のタブに移動し、他のユーザーとつながっていないときは音声とビデオ画面がオフになります。 スペース内をクリックして Gather ウィンドウに戻った後、画面上のどこかをクリックするか、ボタンを押すことで、マイクとカメラが再びオンになります。 自動アイドルミュートをオフにした場合、他のタブ、ウィンドウ、アプリケーションを使用している間でも、手動でマイクとカメラのオン / オフを切り替えない限り、カメラとビデオはオンのままになります。

モーダルに「タブから離れている間、自動的にミュートしました。 他のタブに移動すると、Gather は自動的にビデオをオフにし、音声をミュートします。」と表示されています。 その下に「了解」ボタンと、設定を変更するためのリンクが表示されています。 Gather から他のタブに移動すると、自動アイドルミュート機能で自動的にマイクとカメラがオフになり、 復帰時にこのメッセージが表示されます。

ヒント: Gather スペースで誰かが近づいてきたときに音声が聞こえるように設定するには、ユーザー設定で自動アイドルミュートをオフにしてください。

注意: iframe 内にいるとき (埋め込まれたビデオやウェブサイトなどの操作可能なオブジェクトを使っているとき)、他のユーザーとつながっていない場合、自動的にミュートになることがあります。 これは、Gather アプリ自体ではなく、iframe に「フォーカス」されているためです。その場合、別のタブを選択しているときと同じような扱いとなります。 埋め込みオブジェクトを閉じるか、Gather スペース内をクリックすると、自動的にミュートが解除されます。

HD ビデオ品質を使用

デフォルトでは、接続相手が HD ビデオで配信している場合、HD ビデオが表示されます。 この機能をオフにすると SD ビデオ画質で表示され、パフォーマンスが向上する場合があります。

チャット音

デフォルトでは、チャット音はオンになっています。 この設定をオフに切り替えると、新着チャットメッセージの通知音がミュートされます。

スペース通知

デフォルトでは、スペース通知はオフになっています。 オンに切り替えると、スペースのゲスト数が 0 から 1 になったときに、ブラウザーから通知が届きます。

注意: この設定は現在ベータ版のため、スペースでベータ版の機能が有効になっている場合のみ表示されます。

警告: 通知を受け取るには、ブラウザーで Gather の通知を許可しなくてはならない場合があります。

効果音音量

効果音音量のスライダーをドラッグすると、環境音や埋め込みメディアなどのマップ内のサウンドの音声レベルを調整できます。

「設定」モーダルが開いている状態の、おしゃれなオフィスのテンプレートのスクリーンショット。 「ユーザータブ」が選択されていて、「音声とビデオ」のカテゴリが表示されています。 「効果音音量」「自動アイドルミュート」「HD ビデオ品質を使用」「オリジナルの音声を使用」の周りが赤い線で囲まれています。 「自動アイドルミュート」と「HD ビデオ品質を使用」がオン、「オリジナルの音声を使用」がオフに設定されています。 効果音音量のスライドが最大の位置にあります。効果音音量のスライダーを使って、スペース内の音量を調節できます。

オリジナルの音声を使用

デフォルトでは、Gather がエコーを低減し、バックグラウンドノイズを抑制できるように、オリジナルの音声はオフになっています。 オリジナルの音声を有効にすると、音声を完全にコントロールできるようになり、パフォーマンスが向上する可能性があります。

デバッグモード

デフォルトでは、デバッグモードはオフになっています。 このモードをオンにすると、送受信される音声とビデオの情報が表示されます。 この機能は、通常、Gather スタッフとトラブルシューティングを行う際に役立ちます。 また、キーボードショートカットの Ctrl/⌘+D でもこの設定のオン / オフを切り替えることができます。

外観

スペース内の表示に関する設定を管理するには、「設定」を開きます。 「ユーザー」タブを選択し、「外観」を選択します。

「外観」の設定を表示した状態の「ユーザー設定」モーダル。 ナビゲーション 2.0、ベータ機能、スマートズームを使用、動きを抑制は、オン / オフの切り替えが可能な機能です。 Gather で表示される内容に関する設定は、「ユーザー設定」の外観セクションで管理できます。

ベータ機能

開発中やテスト中の機能をいち早く体験するには、ベータ機能をオンにしてください。

スマートズームを使用

デフォルトでは、「スマートズーム」がオンに設定されており、ブラウザーのウィンドウのサイズに合わせて、スペースの表示を最適化します。 「スマートズーム」をオフにすると、手動でスペースの表示を調節できます。

警告: 「スマートズーム」をオフにすると、スクロールによるズームが可能になります。 スクロールホイールを使って、スペースをズームインまたはズームアウトしてください。

手動マップズーム

「スマートズーム」をオフにすると、手動でマップの表示を調整できます。 スライダーでパーセンテージまたはその中間地点を選択できます。また、スペース内でマウスをスクロールしてズームすることもできます。

「ユーザー」タブが選択され、「一般」カテゴリが表示された状態の「設定」「スマートズーム」をオフにすると、手動でスペースの表示を最大 400% まで調節できます。 ズームレベルを変更するとマップの表示が変わりますが、インターフェースのサイズは変わりません。

注意: ブラウザーのズーム機能を使用すると、ナビゲーションメニューやウィンドウを含むウィンドウ全体が拡大または縮小されます。これに対して手動マップズームではスペースの表示だけが拡大または縮小されます。

動きを抑制

デフォルトでは、「きを抑制」はオフになっています。 この設定をオンに切り替えると、画面に表示されるアニメーションの数が制限されます。 これにより、パフォーマンスが向上する場合があります。

名前ラベルのサイズ

デフォルトでは、名前ラベルのサイズは 12px に設定されています。 スライダーをドラッグするか、スライダーに表示されているフォントサイズのいずれかを選択すると、フォントサイズを手動で調整できます。

一定の名前サイズ

デフォルトでは、定の名前サイズがオンになっているため、アバターの名前ラベルはマップのズームレベルに関係なく同じサイズで表示されます。 この設定をオフにすると、マップのズームレベルに応じて名前ラベルのサイズが自動的に変更されます。

ツールチップのラベルサイズ

デフォルトでは、ツールチップのラベルサイズは 13px に設定されています。 スライダーをドラッグするか、スライダーに表示されているツールチップのフォントサイズのいずれかを選択すると、フォントサイズを手動で調整できます (ツールチップとは、操作可能なオブジェクトに表示されるメッセージです)。

一定のツールチップサイズ

デフォルトでは、定のツールチップサイズがオンになっているため、ツールチップのフォントはマップのズームレベルに関係なく同じサイズで表示されます。 この設定をオフにすると、マップのズームレベルに応じてツールチップラベルのサイズが自動的に変更されます。

グラフィックス設定

スペース内でグラフィックス設定を管理するには、左側のナビゲーションメニューの設定」を開きます。 「ユーザー」タブを選択し、「グラフィックス」を選択します。

「ユーザー」タブが選択され、「グラフィックス」カテゴリが表示された状態の「設定」モーダル。グラフィックスの設定を調節するには、左側のナビゲーションメニューの「設定」を開き、 「ユーザー」タブを選択し、「グラフィックス」を選択します。

ハードウェアアクセラレーション

デフォルトでは、ハードウェアアクセラレーションはオンになっており、Gather のレンダリング時にコンピューターのグラフィックスカードが使用されます。 グラフィックスの読み込みに問題がある場合は、この設定をオフに切り替えてください。

フレームレートを制限

デフォルトでは、Gather で最高のビデオ環境を実現するために、1 秒あたりのフレーム数 (fps) は最高レベルになっています。 スライダーをドラッグして fps を下げると、パフォーマンスが向上する場合があります。

Share this guide

この記事は役に立ちましたか?

1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください